So-net無料ブログ作成

グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX 400シリーズ発表 [パソコン・インターネット]

GTX.png
グラフィックチップ製造のNVIDIAは新ハイエンドGPUとして、「GeForce GTX 480」「GeForce GTX 470」を発表しました。

今までリネームの繰り返しでがっかり続きでしたがようやく、新しく設計したFermiアーキテクチャを使用した商品になります。
NVIDIAとしては初のDirectX 11対応商品となります。しかし既にAMD社のATI部門がDirectX 11対応を出し先行しています。
果たして今回の発表でこの情勢が変わるのでしょうか。




かくいう私も昨年、パソコンを組み上げたときには、流石にリネーム続きのGeForceを買うのをためらいATI Radeon HD5770を購入しました。

基本的にGPUは2万円までと決めていたので、GeForce GTX 260とATI Radeon HD5770で悩んでいました。
価格がGeForceの方が高いのにスコアが悪く、ATIに流れました。

GeForce好きですが、自分用を作るときだけ何故かATIのGPUの方がいい時が多いんですよ。
ですので、Fermiアーキテクチャまでのつなぎとしていたんです。でも意外とATIもいいところが多いんですね。

ただゲームをやる人はGeForceじゃないとね;ATIで動作不良起きること多くて…。


スコアなどは他サイトからの転載です。
GeForce GTX480
geforce_gtx_480_3qtr_med.png製造プロセス40nm
SP Core480基
Texture Unit60基
ROPS48基
コアクロック700MHz
シェーダ1401MHz
メモリGDDR5 1536MB/386bit接続
メモリクロック924MHz
最大消費電力260W

GeForce GTX480
geforce_gtx_470_3qtr_med.png製造プロセス40nm
SP Core448基
Texture Unit56基
ROPS40基
コアクロック607MHz
シェーダ1215MHz
メモリGDDR5 1280MB/320bit接続
メモリクロック837MHz
最大消費電力215W



いろいろなサイトをめぐって個人的な結論としては絶望的です。
無論、GPU2万円は崩すつもりはないのでもとから購入はできませんが、ミドルクラスも期待できなさそうな気がします。
まず、消費電力、騒音が酷い。海外のサイトですがこちらで聞けます。
・NVIDIA Fermi - GTX 470 - GTX 480 - GTX 480 SLI Review
その他のデータは4Gamerさんを参照してみました。
・Fermiアーキテクチャ採用の新型GPUは,DirectX 11世代の主役になれるか

Radeon HD5850の騒音を聞いたことあるのでその数値や温度からすると、速攻でヒートシンクを水冷か大型ファンに変更した方が良さそうです。
GTX480で高負荷時93℃ですか、換気性の高いケースが必要でしょうね。

Radeon HD 5870が4万円程度で手に入るのに若干スコアが上回っただけで6万円だそうです。
nv01.jpg
今回はもしかしたNVIDIA製ドライヤー「FX5800 Ultra」の再来となるのかもしれません。

nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(1) 

nice! 14

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

Facebook コメント

トラックバック 1

トラックバックの受付は締め切りました